読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お客さんの要望を聞きすぎて自分を苦しめる

こうしてほしい、こちらに合わしてほしい、やってほしい、などなど、お客さんからの要望は途絶えることがない。

 

その中には無理難題もあるし、ちょっと頑張ればできそうなこともある。

 

本当に無理なことなら、私だってきっぱりと断ってしまう。私にも無理、先輩も上司も無理、仕様的に無理、会社的にも無理ってこととか。

 

しかし「ちょっと頑張ればできそうなこと」に関して、お客さんの要望に答えたいという私の思いも合わさり、つい無理してしまうことがあるのだ。

 

「ちょっと頑張る」というのは、私が何かするというよりも、間接部門の人にイレギュラーな対応をしてもらったり、動いてもらったりすることを指す。

 

つまり自分以外の人の仕事を増やすことにつながるのだ。

 

上手くいけば、お客さんにも喜ばれて◯

でも上手くいかないと、お客さんの期待も社内の信頼もなくすことになる。

 

今日はそんな出来事があって、心身ともに疲れてしまった。

 

お客さんのためという大義名分があっても、社内の人たちには「そんなの私の仕事じゃない」と平気で言う人はたくさんいるんだよねー

 

そして自分を苦しめることになる。

心がすり減ってくよ。

だから、自分を苦しめることは自分でやめないといけない。

お客さんに無理ですというもの私の役目だよね。

社内にも敵がいると板挟みになって辛いよ。

どうにかしたいよねー!もう!